池尻稲荷神社

新着情報・イベントのご案内


平成23年2月24日

本殿屋根修繕事業 ご奉賛のお願い

池尻稲荷神社は今から約350年前の明暦年間(江戸時代の初期)に旧池尻村、池沢村の両村の産土神(ウブスナガミ)として創建鎮座になったもので、それより村の共同生活と信仰の中心として現在に至りました。

俗信仰としては古くから「火伏せの稲荷」「子育ての稲荷」として霊験あらたかと伝えられております。また、境内にある井戸水は京都伏見の薬力明神の託宣による霊水として伝えられ、大山詣での旅人の喉を潤す井戸水として知られておりました。

時移り時代が変わりましても、常に人々の心の拠り所として今日まで崇められ、親しまれて参りました池尻稲荷神社は、有名な神社ではありません。また、歴史ある名武将・著名人が建立した神社でもありません。江戸時代に旧池尻村、池沢村の両村の産土神(ウブスナガミ)として村民の力で創建鎮座になった神社です。我々の祖先が此処池尻の地に心の拠り所として建立した神社です。そして氏子崇敬者のお力添えで今日まで護られて参りました。その先人の歴史を受け継ぎこの神社を後世に残したいと考えております。

昭和38年の神社大規模修繕事業以来約50年が経過し、度重なる風雨風雪により屋根が朽ち雨漏りがひどくなりました。そこで、本殿屋根修繕事業を計画することになりました。

つきましては、昨今の厳しい経済状況の中ではございますが、なにとぞ趣旨をご理解頂き、格別のご支援・ご協力を賜りたく伏してお願い申し上げます。

一、事業名  池尻稲荷神社 本殿屋根修繕事業
一、竣工予定 平成23年3月初旬着工予定 平成23年9月初旬完成予定
一、総工費  修繕工事見積もり 36,444,759円

平成23年2月吉日

● お申込先: 池尻稲荷神社社務所 
(〒154-0001 東京都世田谷区池尻2-34-15 TEL: 03-3411-2141)
● ご奉納受付期間:〜平成23年8月
● 奉納銅板  一枚 3,000円 からのご寄進をお願い致します。
銅板に奉納者名を記入し、記帳簿に芳名をお残しいたします。
(銅板の記入は、平成23年3月末日までとなります。)

このページのトップへ

神社について
神社について
由緒
井戸水
清姫稲荷・水神社
御守

ご祈祷
初宮参り
安産祈祷
厄年祓い
七五三参り
商売繁盛
自動車祓い
地鎮祭

祭事について
祭事
節分祭
初午
講社大祭
夏越大祓
形代
七夕祭
例大祭

異文化交流
異文化交流

写真アルバム
社務所
結婚式
茶室
神社行事

お問い合わせ
お問い合わせ

新着情報・イベントのご案内
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年


トップページ新着情報池尻稲荷神社について祭事異文化交流写真アルバム伏見稲荷大社神前式のご案内お問い合わせ
(C)2011 池尻稲荷神社 ALL Rights Reserved.