池尻稲荷神社

ご祈祷 七五三参り


11月15日に、3才の男女児、5才の男児、7才の女児が晴れ着を着て、家族揃って神社にお参りして、子供の成長を氏神さまに感謝し、これからの健康を祈ります。
七五三は、この年頃の年祝いをする古くからの風習に由来するもので、代表的なものは、3才の「髪置」・5才の「袴着」・7才の「帯解」の祝いです。「髪置」は男女児ともに行われた儀式で、この日を境に髪を伸ばし始めました。また、男児は「袴着」で袴を着け始め、女児は「帯解」でそれまで付け紐で着ていた着物から帯でしめる着物にかえました。つまり形式的にではありますが、七五三を終えて、一人前として扱われるようになったのです。

  • 池尻稲荷神社では、お子様の健康無事を感謝し、健やかな成長を祈願します。
  • 10月末から11月末の七五三御祈祷は、ご予約をされますと、お待たせすることなく御案内できます。
  • 朝9時から夕方5時まで社務所にて受付しております。電話でのご予約も同時にできますのでお問い合わせください。
  • 初穂料は、5千円・1万円となっております。
  • お札・お守り・千歳飴・おみやげ(学用品・おもちゃ等)を授与いたします。
  • 駐車場を用意しております。

このページのトップへ

ご祈祷 商売繁盛


稲荷神社の祭神は、宇迦之(うがの)御魂(みたまの)神(かみ)と言います。「稲がなる」イナリの別名が示すように五穀の成育や全ての産業を育成する広大な御神徳のある神です。あらゆる生産活動を守護し生産(商売)の繁栄と発展を祈願します。

■お祓いの仕方

1.修祓祓い詞を唱えて、大麻で祓い清めます。
2.祝詞住所や名前を入れて祝詞を唱えます。
そして、鈴で清めます。
3.参拝神前に進み、二礼二拍手一拝で氏神さまに祈願します。
4.神酒神酒拝戴で清めます。

このページのトップへ

神社について
神社について
由緒
井戸水
清姫稲荷・水神社
御守

ご祈祷
初宮参り
安産祈祷
厄年祓い
七五三参り
商売繁盛
自動車祓い
地鎮祭

祭事について
祭事
節分祭
初午
講社大祭
夏越大祓
形代
七夕祭
例大祭

異文化交流
異文化交流

写真アルバム
社務所
結婚式
茶室
神社行事

お問い合わせ
お問い合わせ

新着情報・イベントのご案内
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年


トップページ新着情報池尻稲荷神社について祭事異文化交流写真アルバム伏見稲荷大社神前式のご案内お問い合わせ
(C)2011 池尻稲荷神社 ALL Rights Reserved.