池尻稲荷神社

ご祈祷 初宮参り

赤ちゃんが初めて神社にお参りして、神さまの御加護のもと無事に誕生したことを感謝し、これからも健やかに成長するようにと祈ります。男子は生後31日目、女子は生後33日目にお参りするのが一般的ですが、あまり日数にこだわらずに温かい日や天気の良い日を選んでお参りするのがよいでしょう。

1.修祓祓い詞を唱えて、大麻で祓い清めます。
2.祝詞住所や赤ちゃんの名前を入れて祝詞を唱えます。
そして、鈴で清めます。
3.参拝神前に進み、二拝二拍手一拝で氏神さまに報告します。
4.神酒赤ちゃんの口元に神酒で三度まねをして
神酒拝戴で清めます。

このページのトップへ

ご祈祷 厄年祓い

男性の厄年25才・42才・61才
女性の厄年19才・33才・37才

その前後を前厄・後厄と言います。中でも男性の42才、女性の33才は、大厄と言われています。古くから社会における重要な年回りとされ、特に男性は、神事においても重要な立場に当たりました。そのため、厄年の「やく」とは、神祭りを行う神役の「役」のことでもあるといわれています。その役を行うにあたって神さまに失礼のないように、飲食や行為を慎み心身を清浄にするためにご祈祷を受けたのがはじまりであるとも考えられています。

■厄祓いの時期

厄祓いの時期ですが、昔は、正月に年神さまをお迎えして神さまの御霊をいただくのが一年の始まりで、その時に年をとると考えられていました。このことから、お正月から旧暦の正月までに行うのが一般的ですが、誕生日の近くにされる方も多いようです。

1.修祓祓い詞を唱えて、大麻で祓い清めます。
2.祝詞住所や名前を入れて祝詞を唱えます。そして、鈴で清めます。
3.参拝神前に進み、二礼二拍手一拝で氏神さまに祈願します。
4.神酒授与品(災難落とし札・お守り・お米)の使い方について説明します。

このページのトップへ

神社について
神社について
由緒
井戸水
清姫稲荷・水神社
御守

ご祈祷
初宮参り
安産祈祷
厄年祓い
七五三参り
商売繁盛
自動車祓い
地鎮祭

祭事について
祭事
節分祭
初午
講社大祭
夏越大祓
形代
七夕祭
例大祭

異文化交流
異文化交流

写真アルバム
社務所
結婚式
茶室
神社行事

お問い合わせ
お問い合わせ

新着情報・イベントのご案内
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年


トップページ新着情報池尻稲荷神社について祭事異文化交流写真アルバム伏見稲荷大社神前式のご案内お問い合わせ
(C)2011 池尻稲荷神社 ALL Rights Reserved.